nonotobira.typepad.jp > ユキマルパン~2010年3月まで

« ユキマルパン~2010年3月までへ戻る

新旧オーヴンその2

新旧オーヴンその2

2010/02/22

奥行きの、この違い。

もちろん、上の電気オーブンは、20年ほど前の家庭用の標準タイプなのでしょう。

「武蔵Fils」は、「家庭でも本格的ハードパンが焼けます」というのが売りで、単相100Vタイプと、200Vタイプがあり、当然、パン屋の卵としては、200Vを購入したのですが、このパン小屋に隣接していて、そこから電気を引こうとしていた施設の電気が、20A。これでは、200Vがとれない、ということで、電気工事に手間取り(費用も)ました。

いまどきは、普通の住宅なら、40A以上の、200V取れる規格になっているので、オーブンのメーカーさんも「家庭用電源で大丈夫」としか言ってくれなかった・・・・

もちろん、ちゃんと営業することになれば(いつになることか)、3相の動力を引いて、でかいオーブンにすることになるんで、パン屋は初期投資が大変なのです。

でも、世の中には、「趣味」で、こんなでかいオーヴンを購入して、パンを焼く人々がいるんですね。

個別ページ